ビジネスホン/PBX工事修理・保守メンテナンス

全国対応OK

0120-900-092

平日:9:00~17:30

買替えない提案を努力します

でんわ機まもり隊。ブログ

ビジネスホンを購入する際、新品と中古品の違いとは

ビジネスホンを購入や買い替えの検討中の方が

「新品と中古、どちらのビジネスホンを購入したらよいか」

と、でんわ機まもり隊にご相談いただくことが多くいただきます。

 実際のところ、ビジネスホンの保留・内線・転送といった標準機能で比較する場合、新品と中古の優劣はほとんどありません。

 ビジネスホンは基本的に故障しにくいものでありますが、それでも購入や買い替の必要がある場合、以下のポイントにおいて会社様が重視していることでご選択されたほうがよいと思います。

 

◆機能面

 新品、中古品ともに発着信、保留、留守番、転送などの標準的な機能はほぼ代わりはありません。

 買い換える際には「現状の使い方で問題ない」会社様の場合は中古品を選択されるケースが多いです。

 新品の場合は、便利な機能や新しい回線に対応していることがあります。

 例えば、IP電話やスマホでの受発信など、コスト削減をしたり業務効率を上げることができる場合があります。

 

◆価格面

 当然中古品の方が安く、例えば電話機1台で新品は約3~4万円前後、中古品だと状態にもよりますが、1台約1万円前後と金額は新品の約1/3や1/5になる場合があります。

 

◆機器の品質について

 中古の品質ですが、基本はきちんとクリーニングをした状態にして販売されており、見た目は新品同様から、外見に多少問題のあるものまで価格に反映されて販売しています。

 メーカーが生産完了している製品もありますが、その場合今後故障した場合は修理ができません

 

◆故障および保証

 新品はビジネスホンの法定耐用年数が6年と設けられています。

 メーカー保証が1年ついており、1年以降は保守サービスを運用している工事業者もございます。

 一般的には10年以上故障もなく使っているお客様も多くいらっしゃいます。

 中古品はその出どころがリース満了の引き上げ品が多いので、法定耐用年数以上の機器が多く、保証が付かないのが前提となります。

 

◆購入方法について

 新品の場合は、現金購入、リース購入が可能です。

 中古品の場合は、現金購入が基本ですが、レンタルプランもあります
 現金の場合は、基本は前払いでの購入になります。

 

ビジネスフォンのトラブルや保守はプロにお任せ!

でんわ機まもり隊は、

ビジネスホンを「買い換えない」ご提案がモットー

他社購入、他社設置工事でもOK!

全国の工事店網から、地域の安心業者を選定

しつこい営業電話なし

 

ビジネスホンの工事・保守お任せください

受付時間 平日 9:00~17:30。0120-900-092

メールでのご連絡はこちら。

他社が設置した電話機も対応可能。

※個人様からのご依頼はお受けしておりません。